患者“さん”と呼ぶことについて

 当院は、患者と医療者も対等であることが望ましいと考えています。なぜなら、医療者はパートナーシップを前提に、患者さんとともに病気と向き合うべきだからです。
 一医療人としてはもとより、一人間として誠意をもって患者さんに接し、心のかよった医療を提供していきますので、ご理解、ご協力をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。


患者さんの権利

       
1 良質の医療を受ける権利
2 選択の自由の権利
3 自己決定権の権利
4 意識消失、法的無能力患者さんの代理人を選ぶ権利
5 情報に関する権利
6 秘密保持に関する権利
7 健康教育を受ける権利
8 尊厳性への権利
9 宗教的支援を受ける権利

(患者の権利に関する世界医師会リスボン宣言を基に作成)



病院とは

 『病院(hospital)』とは、思いやり、または、心からのおもてなしを意味する『ホスピタリティ(hospitality)』が由来とされ ています。そのホスピタリティの語源は、ラテン語の『ホスペス(hospes)』で、『主人』、『客』という 一見異なった意味がこの一語に含まれ ているそうです。
 あるときは『主人』であり、また、あるときは『客』としてもてなしを受ける側に。
 つまり『ホスペス』の本質とは、対等な立場を前提とした”おもてなし”と考えられます。